ピアスでできた膿は早く対処すべし!その対処法とは?

おしゃれに欠かせないピアスですが、身体に傷口がある状態を作っているので、化膿する可能性がないとは言えません。

前回は、ピアスホールから出る膿の原因についてお話ししました。

今回も前回に引き続き、ピアスでできた膿の対処法についてお話ししようと思います。

膿を優しく取り出す

膿が出てきたら、まずは膿を取り出すようにしましょう。

自然と出てくる膿は綺麗なガーゼやティッシュで拭き取っても大丈夫です。

膿は取り出すに越したことはないのですが、意識するのはあくまで「抑えるように優しく」拭き取ることです。

というのも、傷口を圧迫するなどして無理矢理膿を取り出すのは、組織を傷つけてしまったり炎症をひどくしたりと逆効果だからです。

洗浄ケアを行う(過度な洗浄ケアはNG)

化膿している状態でも洗浄ケアは欠かせません。ただ、弱っている傷口へのケアが正しくないとさらに状態を悪化させてしまいます。

特に行ってはいけないのが過度な洗浄ケア、具体的には「消毒液を使用したケア」です。というのも、消毒液は傷口が治るのに必要な菌まで殺してしまうのに加え、刺激が強いことから、更に化膿させてしまう恐れがあるからです。

ですので、膿が出ているときの洗浄ケアは、シャワーの水を患部にあてて汚れを落とすだけで大丈夫です。

この時、耳をゴシゴシと洗うように刺激してしまわないように気をつけましょう。

抗生物質入りの薬を塗る

ピアスホールの膿に対しては、抗生物質入りの軟膏が有効です。

薬局の薬剤師に、ピアスホールの膿を治したい旨を伝え、外傷の殺菌や化膿止めの表記がある抗生物質入りの軟膏を購入しましょう。

薬を使用する際は、ピアスホールが乾いているかどうか、清潔であるかどうかを確認しましょう。

薬はピアスの軸に塗って付け直すのが簡単な方法ですよ。

症状がひどい場合は病院へ行く

先述したような薬で対処できる場合もありますが、症状がひどい場合は病院へ行くことをオススメします。

痛みがひどい場合、市販の薬を使用して3日たっても症状が改善しない場合などは、化膿が進行し自力での対処が難しくなっている可能性があります。

病院でしっかりと見てもらって、お医者さんの指示に従って膿を治していきましょう。

いかがでしたか?

おしゃれに必要なピアスですが、優先すべきは身体のケアです。

ですので、膿が出てきた場合は今回ご紹介した内容を参考に適切に対処しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Surgicure ショップリンク

Surgicure ショップリンク
PAGE TOP