自分に合ったデザインを選ぼう!形状によるピアスの種類と名称

ピアスは、耳という顔の一部に着けるアクセサリーであるため、ネックレスやブレスレットに比べ、デザインが与える印象が非常に大きいです。

そこで、いろんな形状のピアスが思い浮かぶと思いますが、具体的にどういった種類があるのでしょうか。

今回は、ピアスの種類と名称、それぞれの特徴についてご紹介したいと思います。

◯ファッションピアスとボディピアス

ピアスの種類を知る上で、まずこの2つの括りを理解しておきましょう。

ファッションピアスは、主に耳にしか使用できないピアスです。

ジュエリーショップや雑貨屋さん、服屋さんなどで購入することができます。

長時間つけっぱなしにはできません。

ボディピアスは、全身の皮膚のどの部分でも装着できるピアスです。

ピアス専門店やネット販売で購入することができます。

こちらは、長時間つけたままにすることができます。

◯ファッションピアスの種類

スタッドピアス

後ろ側にキャッチ(留め具)が付いているタイプです。

デザインが豊富でもっとも人気の高いピアスです。

シンプルで小ぶりなので、ピアスを目立たせたくないときにつけても良いでしょう。

リングピアス(フープピアス)

細くなっている部分をスライドさせて開閉し、ポストのみが可動するタイプです。

輪になっており、様々な大きさがあります。輪の大きさで雰囲気が変わるため、人気のピアスの一つです。

アメリカンピアス(フックピアス)

引っ掛けるだけで留め具がない、釣り針形状のものです。

キャッチなしでつけられるため、後ろから見ても綺麗で、大ぶりのデザインが人気のピアスです。

◯ボディピアスの種類

ストレードバーベル

バーベル型のピアスです。両端がネジ式になっており、ボールを回すと外れます。

ボディピアスが初めての方からヘビーユーザーまで幅広いユーザーから支持されています。

ラブレットスタッド

片側のボールがネジ式になっており、ボールを回すと外れます。

もう片側は平らになっており、取り外すことはできません。

片側が平らなため、口周辺や舌などの狭い部位でも活躍してくれます。

バナナバーベル

バーベルの内径がゆるくカーブした形状で、ヘソや眉などによく使用されます。

基本的に両端がネジ式になっており、ボールを回すと外れます。

-まとめ-

いかがでしたか?

今回は、ファッションピアスとボディピアスの代表的な種類をご紹介しました。

特にファッションピアスは、目鼻立ちや顔の形によって似合うものも変わってきます。

自分に合うピアスを選んでくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Surgicure ショップリンク

Surgicure ショップリンク
PAGE TOP