ハンドメイドで自分だけのピアスを作ってみよう!|フックピアスで作ろう編

前回はフープピアスで簡単にできるハンドメイドピアスの作り方をご紹介しました。

今回はフックピアスでどんなハンドメイドピアスが作れるのかご紹介していきたいと思います。

それでは早速見ていきましょう。

■初心者から上級者まで楽しめる!フックピアスでのハンドメイドピアス作り!

フックピアスでは縦長の揺れるピアスを作ることができます。

丸カンとチャームを繋ぐ際に工具が必要になってきますが、ペンチなどの工具は百円均一で簡単に揃えることができ、大きな買い物にはならないのでご安心ください。

また凝ったものを作るとなるとニッパーも必要になってくるので必要になり次第購入しましょう。

シルクリボンを使って簡単大人ピアス

シルクリボンとは肌触りが滑らかな素材の少し高めなリボンです。

ただ普通のリボンとは違って高級感があるので、ハンドメイドで作ったときも安物感が出にくくなるのでオススメです。

用意する材料はシルクリボンとカシメキャップ、ワイヤーです。

カシメキャップとは真ん中の部分をヤットコで挟むとコードや皮ひもなどの通したものが固定できる便利な部品です。

シルクリボンを10cmずつ切り、リボンの中心を谷折、山折にして整えたら、半分に折ったワイヤーに挟みましょう。

そしてそのままリボンを半分に折り、ワイヤーにカシメキャップを通して取り付けます。

リボンの先が少し見えるくらいになったら、ワイヤーをそっとはずしてください。

真ん中をヤットコで固定しリボンが抜けないようにし、リボンの端を斜めに切っていい感じに揃えたら直接ピアスフックに取り付けて完成です。

夏にもピッタリのピアスなのでぜひ作ってみてくださいね。

この夏にオススメ!トルコ石で作った爽やかなピアス

トルコ石6粒とワイヤー、チェーン、丸カンを用意してください。

まずはワイヤーの端を小さな輪にし、その輪にチェーンの端に通します。

それができたらワイヤーを芯に2周巻き付けます(小さなお団子を2つ作るイメージ)。

次にその反対側からトルコ石を3粒通しましょう。

最後にワイヤーの終わりの部分を小さな輪にして、芯に2周巻き付け、あまりの部分を切り落としてください。

ワイヤー部分だけを見てやると小さな輪→2つの小さなお団子→3つのトルコ石→2つの小さなお団子→小さな輪という順番になっています。

トルコ石をつないだチェーンの中央に丸カンを通せば完成です。

三角形の揺れるピアスができましたね。

いかがでしたでしょうか。

フックピアスでも簡単にハンドメイドピアスを作ることができるのでやってみてくださいね。

お気に入りのネックレスや雑貨の一部分を切り取ってピアス素材にすることも可能です。

またピアスパーツの素材は金属アレルギーになりにくいサージカルステンレスのものを選んだ方がいいでしょう。

以下のURLから商品ページにアクセスできるので一度見てみてくださいね。

商品ページ→http://surgicure.jp/ic/pierce-004

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Surgicure ショップリンク

Surgicure ショップリンク
PAGE TOP