真珠のピアスを選ぶ際に基準になる3つのポイントとは?

身に付けるだけで女性らしい華やかさがぐっと増す真珠のピアス。

しかし、デザインの種類が豊富で価格にもかなりの差があるので、いざ買おうとなると迷ってしまう方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、真珠のピアスの選び方をご紹介します。

選び方

真珠のピアスは、使用目的、玉の大きさ、価格の3つを基準に選びましょう。

1.使用目的

真珠のピアスを購入する目的が、冠婚葬祭のためか普段使いのためかによって選ぶデザインが変わってきます。

普段使いでは、特に注意すべきことはありませんので、ご自身のお好きなデザインを選ぶことができます。

パールモチーフの、比較的安価で華やかなデザインのものを選ぶ方が多いでしょう。

冠婚葬祭のなかでも、結婚式など慶事のときや、夜のパーティーにおいては華やかさが大切なので、さまざまなデザインを選ぶことができます。

ただし、黒真珠は避けた方が無難でしょう。

葬儀のときには、慶事のとき以上に注意が必要です。

元々はアクセサリーを着けないのが主流だったのが、近年真珠だけは許されるようになっています。

ピアスをつけたい場合、揺れるタイプは避け、白・黒・グレーいずれかの真珠1粒だけのものを選びましょう。

2.大きさ

真珠の大きさは、ピアスの印象をかなり左右します。

7ミリから8ミリが一般的な大きさで、迷ったらオールマイティーに使えるこのサイズを選ぶと良いでしょう。

これより小さいと、華奢で可憐な印象になります。

大きいと、インパクトのあるゴージャスな印象になるでしょう。

また、大きいほどに真珠の値段は上がります。

3.価格

真珠は、大きさ、傷、形などにより値段が決まるため、かなりの幅があります。

冠婚葬祭用であれば、本物の上質な真珠を選ぶ方が多く、ピアスの相場は2万円から20万円となっています。

1つ本物を持っておきたいな、という方であれば2~5万円がおすすめです。

特にこだわり抜きたいという方であれば、店員さんに話を聞きながら10万円以上のものを選ぶのも良いでしょう。

パールモチーフであれば、数百円から数千円が相場となっています。

本物にこだわらない場合や、ちょっと綺麗めな私服と合わせたいという場合には、パールモチーフのピアスを選ぶのも良いかもしれません。

まとめ

以上、真珠のピアスを選ぶ際に基準として見てもらいたい3つの基準をご紹介しました。

使用目的とご予算に合った、お気に入りの真珠のピアスを探しましょう。

参考にしていただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Surgicure ショップリンク

Surgicure ショップリンク
PAGE TOP