本当に安くて安全?樹脂ピアスの意外と知らない3つの危険

「安いから樹脂ピアスが良いにきまってる!」「樹脂なんだから金属アレルギーにもならないし安全なはず!」

このように思ってはいませんか?

もちろん樹脂ピアスは加工がしやすく値段も低くてお買い求めやすい商品であり、また金属ではないので金属アレルギーは発症しません。

しかし、樹脂ピアスには意外と知られていない危険があるのです。今回はその危険性についてご紹介します。

ピアスホールを傷つけやすい

多くの樹脂ピアスは先が尖っていることが多いので、ピアスを入れる際にホールを傷つけやすくなっています。

腫れたり痛みが出たりなどの症状が出てから病院にいっても治療には余分な時間もお金もかかってしまいます。

ピアスをつけることで余分な手間を取られたくないですよね。

ピアスに傷がつきやすい

「ピアスに傷がつくくらいなら大丈夫!」などと考えていませんか?実はそんなに単純な問題ではないのです。

樹脂ピアスの表面に細かい傷がつくことで、さまざまなばい菌が繁殖しやすい環境を作ってしまいます。

こうなってしまうと傷口からばい菌が入ってしまって膿んでしまったりするので、おすすめできません。

オートクレーブで滅菌できない

オートクレーブとは高圧蒸気滅菌器というもので、高温・高圧であらゆる病原菌やウイルスを滅菌する機械のことです。

この消毒方法は厚生省とWHO(世界保険機関)がエイズなどの消毒法として正式に認めていて、あらゆる病原菌の感染防止に完全に効果を発揮します。

金属のピアスなどであればオートクレーブを使って完全な滅菌ができるのですが、樹脂ピアスの場合は高温で変形してしまうためこういった滅菌をすることができません。

その結果、化膿したりなどのトラブルにつながったりしてしまうのです。

いかがでしたか。

今回は樹脂ピアスの危険性をご紹介しました。この記事を見て、「使ってはいけないの?」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、そうではありません。ピアスホールが完全に安定していればトラブルの可能性はもちろん低くなります。

ですが、「絶対大丈夫!」という保証はありません。また最近では金属ピアスの価格もとてもお手頃になっています。

当店では、安全なサージカルステンレスを100パーセント使用したお肌に優しいアクセサリーをたくさん取り扱っております。

素材だけではなく、毎日のコーディネートや季節ごとに合わせて選ぶことのできるカラー、デザインを豊富に取り揃えております。

ピアスをお探しの方は、サージキュアのピアスを検討してはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Surgicure ショップリンク

Surgicure ショップリンク
PAGE TOP