ピアスを着けるだけ!簡単に小顔効果を狙っちゃおう! 顔型別編

「なんとかして小顔になりたい!!」と思う方は多くいらっしゃると思います。

実はピアスを着けるだけで小顔効果が望めることをご存知ですか。

大きくて太いフレームのメガネをかけていると小顔効果が表れるのと同様に、ピアスを着けることで小顔効果を得ることができます。

基本的には大振りのピアスを着けていれば小顔効果を得ることができますが、顔型別でピアスを選ぶのもオススメです。

そこで今回は顔型別で小顔効果を出すためのピアスの選び方についてご紹介していきます。

丸顔の方

丸顔の方は丸いスタイルのピアスを選んでしまうと丸顔が目立ちやすくなります。

なので縦を意識する揺れるタイプのピアスを選ぶといいでしょう。

揺れるタイプの縦型ピアスだと顔の印象もすっきりするので小顔効果を得やすくなりますよ。

面長の方

面長の方はチェーンやモチーフなどが垂れ下がった縦の揺れるピアスは避けておいた方がいいでしょう。

ピアスも縦長のものにしてしまうと、顔とのコントラストが取れなくなってしまうので、小顔効果を得にくくなります。

顔全体が丸みを帯びてバランスが取れるようにしたいので、横を意識するようなピアスを選びましょう。

そのためフープピアスや耳にピタっとくる幅のあるピアスなど丸みのあるものを選ぶのがオススメです。

ベース顔の方

ベース顔とはエラが目立つ四角顔のことを指します。

ピアスを選ぶ際はエラなどが強調されないような丸目のデザイン、そして少し長さを出すようなものがオススメです。

角張った形の物や平面的なピアスはエラなどを強調させるため避けておいた方が良いでしょう。

エラよりも少し短いものの方がエラを強調させず、横幅も目立ちにくくさせます。

ポイントは耳元に丸みを持たせて顔全体のシルエットを卵型に近づけることです。

逆三角形の方

逆三角形の方がピアスを選ぶ場合、あごを目立たなくさせるようなものを選ぶといいでしょう。

そのため長めであごのラインのところで幅のあるピアスがオススメです。

また小さめのピアスはシャープなあごとの相性が悪く、小顔効果を得にくくなるので避けるようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。

自分の顔型に合わせたピアスを身に着けるだけで小顔効果を得ることができます。

ポイントはピアスを着けたときの顔全体のシルエットをバランスよく見せることです。

肌の露出が増えてくる夏に向けて新しいピアスを買ってみるのも良いでしょう。

ピアスを着けてオシャレをしながら小顔効果が得られるのは一石二鳥なので、ぜひ試してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Surgicure ショップリンク

Surgicure ショップリンク
PAGE TOP