ネックレスのチェーンが切れたことは、不吉な前兆ではない!

「ネックレスが切れてしまった。」

「何か不幸なことが起きる予感がする。」

そのようなお考えをお持ちではないでしょうか。

大切に使用していたネックレスが意外なタイミングで切れてしまう時があります。

大切にしていたネックレスが切れたときは非常にショックですし、何か不吉な予感がする方はいらっしゃるのではないでしょうか。

そもそもなぜ、不吉の前兆と考えられるようになったのか

日本には、「下駄の鼻緒が切れると縁起が悪い」という言い伝えがあります。

所説ありますが、昔は亡くなった人は火葬されず、そのまま埋葬されていました。

その際に、お墓の土を踏んだ草履には死んだ方の霊が取り付くといわれ、その場で草履の鼻緒を切って脱ぎ捨てていく習慣がありました。

このことから、靴の紐が切れると縁起が悪いと考えられてきました。

ネックレスのチェーンが切れると不吉の前兆であると考えられたのも、上記の言い伝えが影響したと考えられます。

しかし、ネックレスのチェーンが切れることには意外に知られていない良い言い伝えや予言があります。

今回は、ネックレスのチェーンが切れることのスピリチュアルな意味をご紹介したいと思います。

運命の節目である

ネックレスのチェーンが切れることは、何かの運命が区切られると言い伝えられています。

この時、恋人との別れや肉親との別れを想像する方が多いと思いますが、実は新しい出会いや発見がある、という意味でも捉えることが可能です。

必ず誰かとの別れが生じるわけではなく、新しい縁を引き寄せるとも言われているため、不安を抱かず前向きに考えることが大切です。

願いが叶う

ネックレスのチェーンが切れたことによって願いが叶うという言い伝えがあります。

大切なネックレスが切れてしまったら、前向きに何かいいことが起きると考えることで幸福をつかみやすくなります。

何かの身代わりになってくれた

物には、魂が宿るといわれています。本来自分の身に降りかかる不幸なことが、ネックレスが身代わりになってくれてチェーンが切れたと考えることもできます。

不幸の前兆ではなくて不幸の身代わりになってくれたネックレスには感謝の気持ちを伝えることが大切です。

最後に

今回は、ネックレスのチェーンが切れることのスピリチュアルな言い伝えをご紹介しました。

切れたネックレスは修理に出すか処分する場合には、今までの感謝を伝えてあげ前向きにとらえることをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Surgicure ショップリンク

Surgicure ショップリンク
PAGE TOP