「ネックレス」カテゴリーアーカイブ

彼女の誕生日にネックレスをプレゼント!そのおすすめ素材とは

ネックレスを贈る際には、その素材選びは重要です。

もし、お相手の方が一部の金属に弱い肌だった場合、せっかくのプレゼントを身につけられないという可能性があるからです。

大切な人の誕生日に贈るプレゼントは、絶対に失敗したくないものですよね。

そこで今回は、ネックレスの素材についてご紹介します。

ネックレスの素材

ネックレスと一概に言っても、それに用いられている素材は多岐にわたります。それぞれの特徴をご紹介します。

真鍮

真鍮とは、金のような美しさをもつ金属のことで、銅と亜鉛の合金です。配合比率によって色味が異なります。

真鍮は英語でbrassと呼ばれ、吹奏楽で用いられる楽器には真鍮が用いられています。

真鍮は安価ですが、金属アレルギーの方には向いていません。

シルバー925

シルバー925は、シルバーアクセサリーとよばれるアクセサリーに使われている素材です。

925という数字は銀の含有率を指しており、92.5%が銀で、他が銅などの金属でできています。

特徴はシルバーの純度が高いため、美しい輝きを放っている点です。

ただ、シルバーは空気に触れると硫化しはじめ、黒ずんでくるので、こまめな手入れが必要です。

10金

10金(K10)とは、素材の成分のうち、41.7%以上金が含まれている素材を指します。

金は単体ではとてももろい素材なため、他の金属と混ぜることでアクセサリーの素材として使えるようになります。

後に紹介する18金よりも安価なため、人気のある素材です。

18金

18金(K18 )は素材の成分のうち、75%以上が金でできている素材を指します。

ハイジュエリーと呼ばれるジュエリーのほとんどが18金でできていて、ここぞという場合に渡す際にはオススメの素材となっています。

ステンレス

ステンレスは、錆びない加工を施した鋼を指します。

主成分は鉄で、他にクロムやニッケルを合わせた合金で、大気中の酸素と結合して錆びにくさを維持しています。

ステンレスは錆びにくい特徴以外にも、耐久性が高い、お手入れが簡単といった特徴を持っています。

サージカルステンレス

サージカルステンレスとは、金やシルバーよりも硬質な素材で、メスなどの医療用器具として主に使用されています。

硬いため加工が難しく、長らくアクセサリーには不向きであると言われてきました。

金属アレルギーを起こしにくいという特徴があり、近年の加工技術の高まりとあいまって注目されている素材の一つです。

またもう一つの特徴として、鉄やニッケルクロムを使用しているため、安価に製造することができます。

素材によりさまざまな特徴があるとお分かりいただけたでしょうか。

特に、お相手が金属アレルギーである可能性が少しでもある場合は、お肌に優しいものを選ぶことが重要になります。

特別な人にプレゼントを渡す際には、自身の気持ちと相手を思いやる気持ちの両方が重要です。ぜひ素敵なプレゼントを選んであげてくださいね。

無視は危険?ネックレスによる首の赤みの原因とは

ネックレスをつけていた跡が赤くなっていた!という方へ。

「まあいいや、どうせ治るでしょう」と放置を繰り返していたら、健康に甚大な被害が出てしまうかもしれません。

そこで今回は、なぜネックレスによって首が赤くなってしまうのか、その主な原因をご紹介します。

主な原因は金属アレルギー

ネックレスにより首が赤くなってしまう原因には、次のものが考えられます。

・金属アレルギー

・敏感肌(金属・非金属に関わらず、こすれ等が原因)

・ネックレスの長さが合っていない

下2つに当てはまらなさそうな場合は、まず金属アレルギーを疑いましょう。

金属アレルギーってどんなもの?

金属アレルギーとは、溶け出した金属が体内に入り込んでタンパク質と結びつき、アレルゲンとなってしまうことにより炎症が起こることをいいます。

その主な症状は肌のかゆみやかぶれですが、ときには頭痛やめまい、倦怠感など全身の不調を引き起こすことがあります。

あまりひどくないから大丈夫だと無視していたら、より重い症状を引き起こしかねません。

金属アレルギーでもアクセサリーはつけられる?

多くの女性にとって、アクセサリーはファッションを楽しむための必要不可欠なアイテムです。

アレルギーによって金属製のアクセサリーが身につけられないとなれば、ファッションの幅が大きく狭まってしまい、落胆する方も多いのではないでしょうか。

でも安心してください。

金属製のアクセサリーをあきらめる必要はありません。

「サージカルステンレス」という、肌に優しい金属素材で作られたアクセサリーがあります。

これは、非常に溶けにくい性質をもっているため、金属アレルギーを引き起こす恐れはほとんどないと言われています。

樹脂とは違って清潔な状態を保ちやすく、銀と違って硬度があり、金やチタンに比べて安価でお求めになれる優れものです。

アレルギーをもっていても安全にアクセサリーを使いたい方にはぜひおすすめしたい素材です。

まとめ

以上、ネックレスによる赤みの原因となる金属アレルギーについて詳しくご紹介しました。

金属アレルギーかな?と思ったら、放置せず、まずは医療機関で受診してみるのが良いでしょう。

もし金属アレルギーが発覚しても、アクセサリーは身につけられます。

弊社は、どんな女性にもオシャレを楽しんでいただきたいという思いから、サージカルステンレスにこだわった可愛いデザインのアクセサリーを豊富にご用意しておりますので、ぜひご覧ください。

2連はダメって本当?結婚式用ネックレスのマナーのすべて!

結婚式用にネックレスを購入しようとして、もしかして注意しなくてはならないマナーがあるのでは?と慌てて検索された方はいらっしゃいませんか?

そう、結婚式においては服だけじゃなく装飾品にも細かいマナーが存在します。

そこで今回は、結婚式のマナーに合ったネックレスの選び方をご紹介します。

1.時間によって違う

結婚式がお昼にある場合、写真撮影の際に光を反射してしまわないよう、光らない素材のネックレスをつけるのがマナーです。

パールなどがお昼のネックレスに使える代表例でしょう。

なお、白は新婦の特権なのでゲストが身に付けるのは避けるべきと言われますが、パールはマナー違反とはなりません。

逆に、結婚式が夜にある場合、宝石がついたものや貴金属でできたものなど、輝くネックレスをつけるのが良いとされています。

ただし、あくまで結婚式の主役は新郎新婦です。

特に新婦さんより目立つような、ゴージャスすぎるネックレスは控えるようにしましょう。

2.避けるべきネックレス

あまりにカジュアルな素材でできたネックレスは、場にふさわしくありません。

たとえば、革や動物柄のネックレスは「殺生」を連想させることもあり、避けるべきです。

ビーズでできたネックレスは、デザインによりますが、きれいめなものであれば使っても良いでしょう。

形や大きさが不揃いな石で作られたネックレスも、カジュアルすぎるとみなされてしまいます。

2連、3連のネックレスがマナー違反なのか気にされる方も多いようですが、こちらは特に避けるべきとはされていませんので、ご安心ください。

ただ、ご年配の方は、多連のネックレスをあまりよく思わない方もいらっしゃるようなので、万人受けを優先したい場合は使わないのが無難かもしれません。

なお、多連のネックレスは、葬儀の場では絶対に使わないようにしましょう。

不幸が「重なる」ことを連想させてしまうためです。

3.ネックレスの長さ

ネックレスは、短く首回りに沿ったものの方がフォーマルで、長く垂れる方がカジュアルとみなされます。

新郎新婦の親族は、短いものを選ぶのが良いでしょう。

ゲストは、素材さえマナーに合ったものを選んでいれば、長めの華やかなネックレスを選んでも結構です。

以上、マナーに合ったネックレスの選び方をご紹介しました。

まずは結婚式で身に付けるのを避けた方がよいデザインを知っておいたうえで、ご自身のドレスに合ったお気に入りのネックレスを探しましょう!

結婚式に2連ネックレスはOK?マナー違反?アクセサリー専門店が解説!

郵便ポストを開けると、ひときわ輝く一枚の封筒が…よくみてみるとそれは結婚式の招待状だった!

そんな経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結婚する新郎新婦はもちろんのこと、招待された自分まで幸せになってきますよね。

「よし、せっかくの結婚式だから最近買った2連のネックレスをつけていこうかなぁ」と言うと、友達が一言。

「結婚式に2連ネックレスはダメらしいよ」

今回は、よく話題に上る、2連ネックレスは結婚式に着けて行って良いのか?ダメなのか?まとめました。

結婚式に2連のネックレスはだめ?

「2連のネックレスはフォーマルな場にふさわしくないからいけない」という話があります。

では実際のところはどうなのでしょうか。

結論からいえば、2連のネックレスを結婚式で身に着けても大丈夫です。

2連のネックレスを身に着けていくことがマナー違反とされるのは葬儀のような場合です。葬儀にはアクセサリー自体だめではないか、そう考える方もいらっしゃるかもしれませんが、真珠には「人魚の涙」という異名もあるため、悲しみをあらわすアクセサリーとして、身に着けることが許されています。しかし、2連ネックレスは「悲しみが引き続く、重なる」といった意味にも取れるので、2連ネックレスを身に着けて葬儀に参加することはマナー違反です。

このように、2連ネックレスは葬儀にはNGですが、結婚式に着けていくことは問題ありません。

先ほどの解釈で言えば、「しあわせが引き続く」とも考えられますから、むしろ良いことのように思えます。

無難なのは1連

2連ネックレスがマナー違反にならないことはさきほど述べた通りです。

しかし、新郎新婦やその親族の中には、2連ネックレスをマナー違反だと考えている方もいるかもしれません。

特に年配の方の中には、そのように考えている方が多いようです。葬儀の話から、結婚式についてもそう考えている方がいるようです。

そうした人がいて、咎められた場合に、「2連ネックレスはマナー違反ではありません。なぜなら〜、むしろいいものなんですよ!」と言うようなことは、めでたい結婚式に水を差すことになります。

そのため、1連のネックレスがあるならば、そちらを身に着ける方が無難でしょう。

まとめ

結婚式はめでたいフォーマルな場であるため、着飾りたい気持ちはわかりますし、そうするべきでしょう。

しかし、あくまで主役は新郎新婦ですから、彼らの意向が第一です。招待を受けた自分たちは、彼らの晴れの舞台に水を差すことなく、その舞台の一部になれるようにしよう、という気持ちで楽しむのが良いのかもしれませんね。

ネックレスをしたら首に赤みが…その原因は金属アレルギーかも!?対処法・予防法

「ふぅ、今日も一日頑張ったなぁ」

そう呟きながら、ネックレスを外したら、首筋が真っ赤に…。こんな状況になったら思わず声を上げてしまう方も多いのではないでしょうか。

また、ネックレスをした瞬間からかゆくてかゆくてたまらない…そんな経験をする方もいらっしゃいます。

もしかすると、そうした症状の原因は金属アレルギーかもしれません。金属アレルギーとはどんなものか、予防する方法はどんなものがあるのかをまとめました。

金属アレルギーとは

金属アレルギーとは、金属イオンが皮膚に触れることによって起こる炎症のことです。ピアスやネックレスを身に着けられることからわかるように、金属自

体に触れることは問題がありません。

しかし、汗などをかき、汗に金属が溶け出し、金属イオンとなった上で、皮膚から体内に侵入すると、異物を感知した体が拒絶反応を起こし、金属アレルギーの症状がでることになります。

アレルギーというと、生まれながらに持つもので、後天的になるものではないと思いがちですが、金属アレルギーに限って言えば、「誰でも」、「いつでも」発症するリスクがあります。

金属アレルギーの症状

症状は体全体に現れるケース、体の一部に現れるケースの両方があります。実際の症状は赤くなったり、かゆくなったり、水ぶくれになったり、ピアス穴の場合は膿んだりすることがあります。

金属アレルギーの対処法

⒈ まずアクセサリーを外そう

アレルゲンとなっているアクセサリーを一刻も早く外しましょう。こうした場合は、早め早めの対応が肝心になってきます。

⒉ 病院に行く

皮膚科に行き塗り薬をもらいましょう。そこで、今後の注意点についても聞くことができます。

金属アレルギーの予防法

金属アレルギーは予防が最も大事です。なぜなら、1度なってしまうと治らないという性質があるためです。

⒈ 自分がどの金属に弱いか調べる

皮膚科にいくと自分がどの金属に弱いかを調べてもらえるため、それ以後のアクセサリー選びに生かせます。しかし、なんの理由もなく皮膚科に行こうと思う人はなかなかいないでしょう。

⒉ 夏場や運動中は着けない

汗が引き金となって金属アレルギーが起こることが多いのは上述の通りです。そのため、汗が出やすいときには身につけないのが無難でしょう。

⒊ アレルゲンとなりにくいアクセサリーを選ぶ

低アレルギーのものにはチタン、銀、金などがあります。しかし、チタンは高価なため、キャッチには他の金属が使われていることが多いようです。また、金や銀は硬度を上げるため、他の金属が混ぜられています。そうした金属がアレルゲンとなりうるので注意しましょう。値段が気になる方は、サージカルステンレスがおすすめです。

まとめ

金属アレルギーの原因や予防法など、金属アレルギーに関して知っておきたい知識を全てまとめました。金属アレルギーは、「いつ」「どこで」「誰」がなるかわかりません。もしかしたら自分もなるかもしれない、と頭の片隅にでも置いておくことをおすすめします。

知っていますか?ネックレスによる首の赤みの原因とその予防法

「ネックレスをつけていたら首が赤くなった」という経験はありませんか?

その原因を知らないままネックレスをつけていると、大変なことになるかもしれません。

特に女性は、男性に比べアクセサリーをつけている方が多いので要注意です。

そこで今回は、ネックレスによる赤みの原因とその予防法についてお話ししたいと思います。

ネックレスによる赤みの原因とは?

首が赤くなる原因は、乾燥や蕁麻疹などいくつか考えられます。ですが、ネックレスによる赤みの場合、チェーンのサイズに問題がないのであれば、金属アレルギーであることを疑った方がよいかもしれません。

金属アレルギーについてよくわからない方のために、簡単にご説明します。

どうして金属アレルギーになるの?

肌に直接ネックレスをすることが多いと思うのですが、金属製のネックレスが汗や唾液などの体液に触れると、溶けだしてきます。溶けた金属は金属イオンとなり、皮膚から体内に吸収され蓄積されます。徐々に蓄積された金属イオンが、限界量を超え、ある日突然アレルギーを発症するのです。

ネックレスによる首の赤みも、日々の生活の中で、知らないうちに金属イオンを溜め込んでしまった結果、このような症状が現れた可能性が高いと言えるでしょう。

首の赤みを防ぐにはどうしたらいいの?

◆金属アレルギーを防ごう

首の赤みを引き起こさないようにするためには、金属アレルギーを発症させないように対策するのが一番効果的でしょう。

◆金属アレルギーを発症させる素材とは。

人によってどの金属でアレルギーになるのかは異なるのですが、アレルギーを発症させやすい素材はある程度決まっています。先ほども述べましたが、金属アレルギーは体液に触れた金属が溶け出すことが原因で起こります。金属アレルギーを発症させやすい金属というのは、体液に触れたときに溶けやすい金属であると言っていいでしょう。

金属アレルギーを発症しやすい金属素材をあげるとニッケル、クロム、クロム、亜鉛、コバルトなどがあります。これらの素材は安価で加工しやすいのでよくアクセサリーにも利用されています。

◆素材選びにこだわる

金属アレルギーを防ぐために、上記のような素材が使用されているアクセサリーの購入は避け、チタンや金、プラチナなど低アレルギー性のものを選びましょう。ただし、これらの低アレルギーの素材であっても、加工のためにニッケルなどと混ぜられている可能性があるので気を付けてください。

以上、ネックレスによる赤みの原因と予防法についてお話ししてきました。

金属アレルギーは一度発症してしまうと体質を変えにくく、改善しにくいものです。使用されている素材にこだわったり、夏場の使用を控えたりするなどし、アクセサリーファッションを楽しんでくださいね。

二連ネックレスはマナー違反?結婚式で気を付けたい4つのポイント

みなさんは結婚式に参列される際、どんな服装で出かけますか?冠婚葬祭などの重要な場面での服装ですから、マナー違反にならないか気にされる方もたくさんいらっしゃるのではないかと思います。でも結局のところ何が正しいのか分からずじまい…なんて経験もありませんか?

そこで今回は、結婚式での ネックレスマナーを4つのポイントに分けてお話ししたいと思います。

結婚式には華やかさを!でも派手すぎはNG

結婚式に参加する際、基本的には華やかで見栄えがするものを選んだ方が良いでしょう。ですが主役である新郎新婦よりも目立ってしまうような服装や振る舞いをするのは当然良くありません。

ネックレスに関してもそれは同じで、華やかさと、落ち着きを兼ね備えたデザインを選ぶようにしましょう。

2連ネックレスはつけてもいいの?

結婚式のネックレス選びでかなり多くの方がこの疑問にぶつかるのではないでしょうか。

結論から言いますと、2連ネックレスや3連ネックレスはつけてもマナー違反ではありません。「良いことが続く」「喜びが重なる」という縁起のいい言葉と結びつきますので、結婚式に好ましいです。かつて、1連ではないネックレスをふさわしくないとしていた時期があったことや、葬儀などの「喪」の場面で2連ネックレスがマナー違反になることから、このような認識が生まれたとも言われています。

ネックレスの素材に関するマナー

では、結婚式ではどのような素材のネックレスがふさわしいのでしょうか。1つ目のポイントでも述べましたが、一般的に結婚式では、なるべく上品な見せ方ができる素材を選ぶようにしましょう。2連のネックレスをつけても問題ありませんが、パール系の一連ネックレスが一番格式高いとされています。

チェーンの長さに関するマナー

ネックレスのチェーンは短いものの方がよりフォーマルな場にふさわしいです。親族として出席される方はできるだけチェーンの短いネックレスをつけると良いでしょう。またそのような鎖骨にかかる程度の短いチェーンのネックレスには、デコルテ部分を美しく演出する効果があります。

以上からわかるように、結婚式のネックレスのマナーには色や形式に厳しい決まりはありません。だからこそどんなものを選べば良いか迷ってしまいますが、新郎新婦に祝福の意を表すと同時に、自分自身を上品に見せるにはどうしたらよいのか、4つのポイントをヒントにぜひ考えてみてくださいね。

彼女にネックレスをプレゼントする前に、確認したい2つのこと

「彼女にネックレスをプレゼントしたい。」

「彼女は喜んでくれるか心配だな。」

このようにお考えの男性は多くいらっしゃると思います。

クリスマスや誕生日、結婚記念日などの特別な日に大切な彼女へのプレゼントは、いろいろ悩んでしまいますよね。

せっかく悩んで購入したのに、いざプレゼントする際に困ったことが生じないためにも、あらかじめ様々な確認が必要です。

今回は、失敗しないためにもネックレスをプレゼントする前に確認しておきたい2つの事柄をご紹介したいと思います。

ネックレスに興味あるのかの確認

プレゼントするものをいくら真剣に選んだとしても、興味がなく身に着けてもらえなかったら非常に悲しいですよね。

あらかじめ相手には興味があるのか確認しておきましょう。

興味がなければ違うジュエリーに変更する必要があるかもしれません。

また、一緒に店頭へ行き、欲しいといわれたものを購入してその場でプレゼントをする方法もあります。

サプライズ性は失われますが、本当に欲しいもの、興味があるものをプレゼントできるという安心感が期待できます。

金属アレルギーでないかの確認

彼女が金属アレルギーを持っていないか確認しておきましょう。

金属アレルギーは、かぶれやかゆみを伴い皮膚が熱を持って腫れあがるなどの症状が現れます。

ネックレスやピアスなどのジュエリーを長期間使用すると、金属が触れていた部分の肌に症状が出る可能性が高くなります。

相手に金属アレルギーを持っていないか、あらかじめの確認が重要です。

また、たとえ彼女が金属アレルギーを持っている場合であっても、近年は金属アレルギーの症状が出にくいジュエリーが開発されています。

金属アレルギーを持った方は、ジュエリーを身に着けたことがない方や身に着けることを我慢している方が多いので、喜ばれる可能性が非常に高いといえるでしょう。

最後に

今回は、ネックレスを購入してプレゼントする前に、確認しておきたい2つの事柄についてご紹介しました。

プレゼントをあげる側も、もらう側も幸せな気持ちになるように、上記の事柄を、あらかじめ確認しておくことをお勧めします。

日ごろから、彼女の様子をうかがい、相手の気持ちを考えたプレゼント選びを行いましょう。

弊社では、金属アレルギーになりにくい素材を用いたネックレスの販売を行っています。

金属アレルギーの悩みに全力で対応いたします。大切な人へのプレゼントの悩みや、ご相談がございましたら、ぜひ弊社にご連絡ください。

ネックレスのチェーンが切れたことは、不吉な前兆ではない!

「ネックレスが切れてしまった。」

「何か不幸なことが起きる予感がする。」

そのようなお考えをお持ちではないでしょうか。

大切に使用していたネックレスが意外なタイミングで切れてしまう時があります。

大切にしていたネックレスが切れたときは非常にショックですし、何か不吉な予感がする方はいらっしゃるのではないでしょうか。

そもそもなぜ、不吉の前兆と考えられるようになったのか

日本には、「下駄の鼻緒が切れると縁起が悪い」という言い伝えがあります。

所説ありますが、昔は亡くなった人は火葬されず、そのまま埋葬されていました。

その際に、お墓の土を踏んだ草履には死んだ方の霊が取り付くといわれ、その場で草履の鼻緒を切って脱ぎ捨てていく習慣がありました。

このことから、靴の紐が切れると縁起が悪いと考えられてきました。

ネックレスのチェーンが切れると不吉の前兆であると考えられたのも、上記の言い伝えが影響したと考えられます。

しかし、ネックレスのチェーンが切れることには意外に知られていない良い言い伝えや予言があります。

今回は、ネックレスのチェーンが切れることのスピリチュアルな意味をご紹介したいと思います。

運命の節目である

ネックレスのチェーンが切れることは、何かの運命が区切られると言い伝えられています。

この時、恋人との別れや肉親との別れを想像する方が多いと思いますが、実は新しい出会いや発見がある、という意味でも捉えることが可能です。

必ず誰かとの別れが生じるわけではなく、新しい縁を引き寄せるとも言われているため、不安を抱かず前向きに考えることが大切です。

願いが叶う

ネックレスのチェーンが切れたことによって願いが叶うという言い伝えがあります。

大切なネックレスが切れてしまったら、前向きに何かいいことが起きると考えることで幸福をつかみやすくなります。

何かの身代わりになってくれた

物には、魂が宿るといわれています。本来自分の身に降りかかる不幸なことが、ネックレスが身代わりになってくれてチェーンが切れたと考えることもできます。

不幸の前兆ではなくて不幸の身代わりになってくれたネックレスには感謝の気持ちを伝えることが大切です。

最後に

今回は、ネックレスのチェーンが切れることのスピリチュアルな言い伝えをご紹介しました。

切れたネックレスは修理に出すか処分する場合には、今までの感謝を伝えてあげ前向きにとらえることをお勧めします。

知っトク!ネックレスに関する知られざる豆知識ご紹介!

女性のファッションにおいて欠かせないアクセサリーの一つとしてネックレスを挙げられます。

昔、ネックレスは貝殻や動物の牙、骨、角などを植物で作った縄のようなものに通して身につけていたことが始まりと言われています。そして古代エジプトやローマ時代では、多くの貴族の女性たちや王族たちが自分たちの権力を周囲に誇示するために、金の枠に色鮮やかな宝石をはめ込んだネックレスを身につけていました。

身近なネックレスにもまだまだ知られていない情報がたくさんあるのですね。

今回は、知られざるネックレスに関する豆知識についてすこしご紹介したいと思います。

長さで変わる呼称

ネックレスは首周りにつける装飾具ですが、その長さによって呼び名が異なります。

ネックレスは大きく5種類に分けられます。

チョーカー:約35~40㎝

プリンセス:約40~45㎝

マチネー:約50~55㎝

オペラ:約70~80㎝

ロープ:約107㎝以上

このように長さによって呼称も種類も様々なため、いろんなシーンにおいて選ぶことができます。

ネックレスがもつれたときはベビーパウダー?!

ネックレスで厄介なのは「もつれ」ではないでしょうか。特に細いチェーンは絡まりやすく、なかなかほどけずにイライラしてしまうことありませんか?

実はネックレスの絡まりは「ベビーパウダー」使用すると簡単にほどけるのです。

ベビーパウダーをもつれたネックレスのチェーンにふりかけて軽く揉んであげると、すべりやすくなりほどきやすくなります。

ベビーパウダーが無ければ、メイク用のルースパウダーや重層、片栗粉、小麦粉などでも代用できます。

K10・K18・K24ってどういう意味?

よくジュエリー店ではK10・K18・K24という表記を見かけたことはありませんか?

実は、これは加工する前の金の塊に含まれる金の純度を表しています。

「K」とはKarat(カラット) のKを意味し、純金が含まれる割合を示す単位です。

K18は全体の75%が金であり、K10は全体の約42%が金を含んでいます。

ちなみに純度100%はK24と表記します。純度が高くなればなるほど値段も高くなり、貴金属としての価値も高くなります。

錆びたネックレスは身近なもので解決!

存在を忘れていたネックレスを久しぶりに取り出すと、錆びて黒ずんでしまっていることなんてないでしょうか。

そんなネックレスの錆は身近なもので落とすことができるのです。今回は簡単な方法を2つ伝授します。

重層で黄ばみや黒ずみを落とす

これはシルバーやゴールド、プラチナなどに使うことができねっくます。

深いプラスチックの容器、アルミホイル、重層5g、お湯200ccを準備します。

軽くクシャクシャにしたアルミホイルを容器に沿うように入れ、重層をアルミホイルの上に乗せます。

そしてお湯を容器に注ぎ割りばしでかき混ぜます。お湯にアクセサリーを浸して1分ほどで錆が落ちます。

台所にあるお酢で錆を落とす

酢、塩、アルミホイル、水、耐熱容器を用意します。まず水1リットルを沸かし、そこに塩50gと酢120ccを入れてかき混ぜます。

容器にアルミホイルを敷いた上にシルバーアクセサリーを入れ、先ほど沸かした熱湯を注いでしばらく放置します。

そうすると錆が落ちてピカピカになります。

まとめ

今回でネックレスに関する豆知識を得ることができたと思います。ぜひまわりのお友達にも教えてあげてみてくださいね。