知っていますか?ネックレスによる首の赤みの原因とその予防法

「ネックレスをつけていたら首が赤くなった」という経験はありませんか?

その原因を知らないままネックレスをつけていると、大変なことになるかもしれません。

特に女性は、男性に比べアクセサリーをつけている方が多いので要注意です。

そこで今回は、ネックレスによる赤みの原因とその予防法についてお話ししたいと思います。

ネックレスによる赤みの原因とは?

首が赤くなる原因は、乾燥や蕁麻疹などいくつか考えられます。ですが、ネックレスによる赤みの場合、チェーンのサイズに問題がないのであれば、金属アレルギーであることを疑った方がよいかもしれません。

金属アレルギーについてよくわからない方のために、簡単にご説明します。

どうして金属アレルギーになるの?

肌に直接ネックレスをすることが多いと思うのですが、金属製のネックレスが汗や唾液などの体液に触れると、溶けだしてきます。溶けた金属は金属イオンとなり、皮膚から体内に吸収され蓄積されます。徐々に蓄積された金属イオンが、限界量を超え、ある日突然アレルギーを発症するのです。

ネックレスによる首の赤みも、日々の生活の中で、知らないうちに金属イオンを溜め込んでしまった結果、このような症状が現れた可能性が高いと言えるでしょう。

首の赤みを防ぐにはどうしたらいいの?

◆金属アレルギーを防ごう

首の赤みを引き起こさないようにするためには、金属アレルギーを発症させないように対策するのが一番効果的でしょう。

◆金属アレルギーを発症させる素材とは。

人によってどの金属でアレルギーになるのかは異なるのですが、アレルギーを発症させやすい素材はある程度決まっています。先ほども述べましたが、金属アレルギーは体液に触れた金属が溶け出すことが原因で起こります。金属アレルギーを発症させやすい金属というのは、体液に触れたときに溶けやすい金属であると言っていいでしょう。

金属アレルギーを発症しやすい金属素材をあげるとニッケル、クロム、クロム、亜鉛、コバルトなどがあります。これらの素材は安価で加工しやすいのでよくアクセサリーにも利用されています。

◆素材選びにこだわる

金属アレルギーを防ぐために、上記のような素材が使用されているアクセサリーの購入は避け、チタンや金、プラチナなど低アレルギー性のものを選びましょう。ただし、これらの低アレルギーの素材であっても、加工のためにニッケルなどと混ぜられている可能性があるので気を付けてください。

以上、ネックレスによる赤みの原因と予防法についてお話ししてきました。

金属アレルギーは一度発症してしまうと体質を変えにくく、改善しにくいものです。使用されている素材にこだわったり、夏場の使用を控えたりするなどし、アクセサリーファッションを楽しんでくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Surgicure ショップリンク

Surgicure ショップリンク
PAGE TOP