何を基準にすべき?真珠ピアス購入時の選び方の基準とは?

「華やかなピアスに憧れる」

「耳元にアクセントがほしい」

このように思われている方はいらっしゃいませんか?

そんなとき、ぜひオススメしたいのが真珠のピアスです。一粒でも存在感があり、かつ上品さを損なわないデザインはどんな女性からも支持されていますよね。でも真珠のピアスといえば、本真珠を使ったものから、真珠風のデザインのものまで幅広くあるので、どんなふうに選んだら良いのかわかりづらいですよね。

そこで今回は、真珠ピアスの選び方の基準についてお話ししたいと思います。

シーン別に選ぶ

先ほども少し述べましたが、一言に真珠ピアスといっても、本真珠を使用したものから、コットンパールや、プラスチックを使ったイミテーション真珠を使用したものまで様々です。

フォーマルな場とカジュアルな場など、シーンや用途によって使い分けをする必要があるかもしれません。冠婚葬祭の場に真珠のピアスをつけていく場合には、マナーに気をつけて選ばなければなりませんよね。

例えば、結婚式に参加する際には、デザイン性の高いものや色のついた真珠もある程度は大丈夫です。ですが、黒真珠など、ふさわしくない色の真珠も当然あるでしょう。

真珠の大きさで選ぶ

真珠の大きさは、小さいものから大きいものまでそれぞれです。

一番スタンダードな大きさは7~8ミリの真珠で、どんな場面でも使いやすいでしょう。

華奢なデザインのピアスを好まれる方には、小粒の真珠と花のモチーフを組み合わせた可愛らしいピアス、インパクトが欲しい方には大粒の真珠をしようしたピアスをオススメします。

また、揺れるデザインや、真珠をいくつか組み合わせたピアスなど、たくさんの選択肢があります。

素材で選ぶ

真珠ピアスを選ぶ際に、デザインや真珠自体の素材だけでなく、真珠以外のピアスの素材に注目してみるのもいいかもしれません。

ポスト部分やキャッチ部分に何の素材が使用されているか確認したことはあるでしょうか。

肌に直接触れる部分ですので、この部分が金属であった場合には、金属アレルギーを起こしやすい素材なのか、それとも起こしにくいチタンやステンレスなのかなど、確認してみると良いでしょう。

以上のように、自分の好みで選ぶ方法だけでなく、必要用途に応じたり、真珠以外の部分の素材を重視したり、選び方はさまざまです。

たくさんの種類があるからこそ選択にも困ってしまいますが、今回お話しした内容でみなさんの真珠選びのお手伝いができれば嬉しく思います。ぜひ試してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Surgicure ショップリンク

Surgicure ショップリンク
PAGE TOP