ネックレスはデザインだけで選ばない!素材の特徴を知ろう

ネックレスには、さまざまな素材があります。

素材によって価格や特徴が異なるので、購入の前に素材の違いを知っておくことは大切です。

そこで今回は、ネックレスの素材と、それぞれの特徴をご紹介したいと思います。

◯ネックレスの素材

・ゴールド(金)

金のネックレスは、やわらかい輝きや独特の色味があり、とても人気がある素材です。

華やかな印象を持つため、結構式の二次会などお祝いの席にも選ばれます。

しかし、昼間の式だと光が強すぎて合わないこともあるので、シーンに合わせた使い分けが必要です。
金はとてもやわらかいので、耐久性向上の観点から、他の素材と混ぜ合わせて加工します。

そのため、ほとんど純金が使われることはありません。混ぜ方によって、金の中でも種類が分けられます。
[イエローゴールド]金75%、銀15%、銅10%
[ピンクゴールド]金75%、銀10%、銅15%
[ホワイトゴールド]金75%、銀15%、パラジウムorニッケル10%

・シルバー(銀)

あらゆるアクセサリーにおいてスタンダードな素材です。男性の間でも人気があり、比較的若い年齢層に支持されています。

やわらかい金属なので作る側は加工がしやすいです。

また、買う側としは、値段が手頃で扱いやすいのが魅力でしょう。

白い光沢が美しいですが、変色しやすいのが難点です。

プライベートからビジネスシーンにも対応できます。

・プラチナ

硬質でクールな光を放ちます。あまり流行に流されず、お気に入りのネックレスを長く使いたい人におすすめです。

なぜなら、プラチナそのものはやわらかいので傷はつきやすいですが、銀と違って黒く酸化しないうえ、金のように減ることもないからです。

幅広い年齢層の男女に受け入れられています。

・チタン

プラチナと同様、丈夫です。時間が経っても変質しにくい性質を持っています。

金やプラチナに比べると、非常に軽いのも特徴です。また、金属アレルギーを持っている人に好まれる素材です。

・ステンレス

ステンレスは鉄ベースの合金で、輝きがプラチナに非常に似ています。

汗や汚れに強く、変色しにくい点が大きなメリットです。

ただし、硬くて加工しにくく、デザインがあまり豊富ではありません。

チタン同様、金属アレルギーを持っている方に好まれる素材です。

価格も安いので、学生にもおすすめです。

-まとめ-

いかがでしたか?今回は、ネックレスの素材とそれぞれの特徴をご紹介しました。

素材によって特徴が異なるうえ、適するシーンも変わってきます。

ネックレスの購入を検討されている方は、デザインの好みだけでなく、素材の特徴を理解したうえで、目的に合わせて選びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Surgicure ショップリンク

Surgicure ショップリンク
PAGE TOP