パールのブレスレットをパーティーに。意外と知らないマナーをご紹介

「パーティーにブレスレットをつけていっていいのかな?」

このように、晴れの舞台につけるアクセサリーのマナーにお悩みの方はいらっしゃいませんか。

知らずにつけていって恥ずかしい思いはしたくないものですよね。

そこで今回は、パーティーにブレスレットなどのアクセサリーをつけていく際のマナーについてご紹介します。

パーティーもいろいろ

一言でパーティーといっても、様々なシチュエーションがありますよね。

例えば友人の結婚式や、会社のパーティー、取引先でのパーティー、友達とのパーティーなどが挙げられます。

そういったシチュエーションによってマナーも異なってきます。

結婚式でのパーティー

結婚式などのいわゆるフォーマル度が高いパーティーであれば、つけていくアクセサリーにも気をつかう必要があります。

特に結婚式の場合、主役は新郎新婦ですよね。新郎新婦よりも目立つ格好をすることはNGとされています。

そのため結婚式には派手なブレスレット、特にバングルなどの大きなものは目立ってしまうため、避ける方がいいです。

身に着けるのであれば、上品なパールをあしらったブレスレットや金銀のチェーンのブレスレットなど、控え目なデザインのものを選ぶといいでしょう。

ただ、結婚式は晴れやかな場ですので、黒真珠など、黒を選ぶのは避けた方が無難です。

取引先とのパーティー

取引先でのパーティーや業界の著名人が集まるようなフォーマル度の高いパーティーの場合は、ドレスコードが指定されているか否かで大きく異なってきます。

ドレスコードが指定されているような格式高いパーティーの場合は、結婚式同様、派手でないものをつけていくほうが印象が良いです。

逆にドレスコード指定のないパーティーなど、カジュアルなパーティーの場合は、バンクルなどの大きめのブレスレットでも目立ちすぎるデザインでなければ大丈夫でしょう。

友人とのパーティー

友人とのパーティーの場合は会場によって装いを変えましょう。

例えば同窓会などをホテルの立食形式で行う場合、服装が指定されているようならその服装にあったものを、指定がないようでもホテルの格式にあわせた服装をするほうが無難です。

居酒屋などで行う場合は、好きなアクセサリーをつけていきましょう!

アクセサリーは服装と同様、意外に人から見られているものです。

マナーを理解していれば、周りからの印象も良くなります。TPOに応じてアクセサリーを楽しんでくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Surgicure ショップリンク

Surgicure ショップリンク
PAGE TOP