意外と知らないマメ知識!指輪を着ける位置で意味合いが変わってくる! 後編

右手、左手には合計10本の指がありますが、それぞれの指に指輪をはめると意味合いが変わってくることをご存知でしたか?

オシャレで指輪を着けるのももちろんいいですが、それぞれの意味合いを知ったうえで指輪をするのも面白いですよ。

今回も前回に引き続き、左手のそれぞれの指にはどういった意味があるのかをご紹介していきます。

左手の親指

左手の親指に指輪を着けると「自分の信念を貫き前進するパワー」を呼び込めるとされています。

また「目標を実現させる力」という意味もあるので、達成したい目標や叶えたい夢、手に入れたいものがある方は左手の親指に指輪をはめてみてはいかがでしょうか。

左手の人差し指

左手人差し指には「積極性を高める」という意味があります。

少し内向的な人やネガティブな人が「積極的になりたい」「前向きになりたい」という時に後押ししてくれるでしょう。

また恋愛面でも「好きな人の前でうまく話せない」という方の手助けもしてくれるそうですよ。

左手の中指

左手の中指に指輪をすると協調性が高まると言われています。

円滑なコミュニケーションを図り、人間関係の構築もスムーズにしてくれるでしょう。

「人間関係で困っている」とか「新しい環境での人間関係は大丈夫かな」と不安を持つ方がいらっしゃれば左手の中指に指輪をしてみてはいかがでしょうか。

きっと指輪がパワーを呼び込み、あなたがスムーズな人間関係を築くのを助けてくれますよ。

左手の薬指

左手の小指と言えば婚約指輪や結婚指輪をはめる指ですよね。

実際この指には「愛の進展と絆」という意味が込められています。

これは古代ギリシャ時代から、左の薬指には心臓につながる太い血管があると信じられていて、命に一番近い指としてとても神聖なものだったそうです。

そのため、愛し合う男女が左手の薬指に指輪をはめることで永遠の愛を誓うという意味が込められるようになったと言われています。

なんだかロマンチックですね。

左手の小指

左手の小指にはチャンスを引き寄せるパワーがあると言われています。

変化を求めているときや、何かのきっかけを探しているときに効果的です。

また恋愛面では新たな出会いを呼び込んだり、相手との愛を深める効果もあるそうです。

ですのでカップルの中にはピンキーリングを付ける人もいますよね。

いかがでしたでしょうか。

それぞれ込められているパワーや意味が違うので知っていくと面白いですよね。

あなたも理想のなりたい自分像があるならそれに合ったパワーを持つ指に指輪をはめてみてはいかがですか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Surgicure ショップリンク

Surgicure ショップリンク
PAGE TOP