セカンドピアスはいつからいつまで?タイミングの見極め方をご紹介!

ピアスホールを空けたての頃は、早く好みのピアスを着けたくてうずうずしますよね。

しかし、どんなタイミングでファーストピアスやセカンドピアスを卒業できるのか、分かりにくいものだと思います。

そこで今回は、セカンドピアスを着けるタイミング・外すタイミングを見極める方法をご紹介します。

セカンドピアスはいつからつける?

セカンドピアスは、ファーストピアスの次につけるピアスです。そのため、セカンドピアスに移行すべきタイミングは、ファーストピアスがその役目を果たしたときだと言えます。

それでは、ファーストピアスはいつまで着けるべきなのでしょうか?

最低1か月と言われていますが、1か月では完成していない場合も多いようです。

お医者さんは、できれば3か月は必要だとおっしゃります。

個人差も大きいので、悩んだときは以下のポイントをチェックしてみましょう。

・体液や血が出ておらず、膿みもない。

・ピアスを少しずらしても、耳に痛みを感じない。

・ピアスの周りの皮膚がピアスに向かって沈み、ホールとの間に隙間ができている。

これらが確認できたら、セカンドピアスに移って良いタイミングと言えそうです。

なお、ピアスホールが完成していない状態でファーストピアスを外してしまうと、痛みを伴ったり、穴がふさがってしまったりする恐れがあります。安全にピアスを楽しむためにも、必要以上に急がないことが大切です。

セカンドピアスはいつまでつける?

セカンドピアスは、ピアスホールを安定させ、育てることを目的としてつけるピアスです。

初めの頃は、セカンドピアスを着けたり外したりする時に痛みを伴うことが普通です。

しかし、ずっと繰り返していると、だんだん痛みがなくなり、ピアスホールが小さくなりにくい状態になります。

こうなれば、セカンドピアスを卒業しても良いといえるでしょう。

目安は3か月から半年、場合によっては1年くらいになるようです。

ピアスホールが安定してセカンドピアスを外したら、いよいよお好みのピアスを自由に選び、身に着けることができるようになります。

まとめ

以上、セカンドピアスのタイミングを見極める方法についてご紹介しました。

ピアスホールをしっかり安定させて、おしゃれを安全に楽しんでくださいね。

サージキュアでは、「大人可愛い」をテーマにしたピアスを、デザイン豊富にご用意しております。ご興味のある方はぜひ一度、ホームページをご覧ください。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Surgicure ショップリンク

Surgicure ショップリンク
PAGE TOP