セカンドピアスとは?ピアスホールの安定に必要なワケ

セカンドピアスというものをご存知でしょうか?

お医者さんにもらったり、ピアッサーに付属していたりするファーストピアスとは異なり、ピアスホールを守るためにご自身で選ぶ必要があります。

今回は、セカンドピアスの効果や期間についてご紹介します。

セカンドピアスとは?ファーストピアスと何が違うの?

セカンドピアスとは、ファーストピアスの次につけるピアスのことを指します。

ファーストピアスは、ピアスホールが閉じないようにするためのものですね。しかしファーストピアスを外しても、まだその肌は傷つきやすく、ピアスホールが完全にできているとは言えないのです。

これに対し、セカンドピアスはピアスホールの安定を目的とするものです。セカンドピアスをすることにより、膿みを防げるほか、ピアスホールの大きさが決まります。

セカンドピアスをつける期間はどれくらい?

セカンドピアスもファーストピアスと同様に、1か月から3か月程度つけておくのが良いとされています。ただし、これは耳たぶのピアスホールであることが前提であり、また目安に過ぎません。軟骨など、部位によっては半年ほどかかる場合もありますし、同じ部位でも必要な期間には個人差があります。

セカンドピアスはどうやって選ぶの?

上述の通り、セカンドピアスにはピアスホールの大きさを決めるという役割があります。したがって、ポストが比較的太いものを選びましょう。具体的には、0.8ミリから0.9ミリほどが目安です。ポストが長めでモチーフは小さめのものを選ぶと、トラブルにつながりにくいです。

セカンドピアスが終わったら、いよいよピアスを選びましょう

ファーストピアスもセカンドピアスも卒業したら、いよいよポストの太さなどに縛られず、自由にピアスを身につけることができます。どんなデザインのピアスをつけたいか、考えただけでも楽しくなるのではないでしょうか。

はじめは、可愛いもので、かつ耳への負担が少ないピアスを選ぶことをおすすめします。

ピアスは真皮と直に触れるアクセサリーなので、そのぶん金属アレルギーが発症しやすくなります。せっかくできたピアスホールが赤みやかゆみなどの症状に襲われないよう、お肌に優しい素材を選んでみてはいかがでしょうか。

まとめ

以上、セカンドピアスなどについてご紹介しました。

ピアスホールはしっかり安定させて、これからさらにオシャレを楽しんでくださいね。

サージキュアでは、お肌に優しい素材であるサージカルステンレスを用いた、大人可愛いピアスを多数ご用意しております。ご興味のある方はぜひ一度、ホームページをご覧になってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Surgicure ショップリンク

Surgicure ショップリンク
PAGE TOP