どうして?チタンのピアスなのに金属アレルギーの症状が出てしまうワケ

「チタンのピアスを着けているのに金属アレルギーの症状が出てしまう」 「チタンって金属アレルギーになりにくいって聞いていたのに違うじゃない!」 という方も中にはいらっしゃると思います。

チタンは金属アレルギーになりにくい素材として有名ですが、どうしてこういったことが起こってしまうのでしょう。

そこで今回はチタンのピアスを着けているのに金属アレルギーの症状が発症してしまうワケをお話していきたいと思います。

ピアス全体がチタンで作られているとは限らない

チタンは確かに金属アレルギーを起こしにくい金属です。

しかしチタンという金属は比較的に高価なもので、ピアスのすべての部分をチタンで作るとなるとコストがかかってしまいます。

そのためピアスのポスト部分がチタンで、そのほかのキャッチやチャーム部分が合金でできているという場合が多くあります。

そういった場合、合金部分に身体が反応して金属アレルギーを起こしてしまうのです。

チタンのピアスにも質の良いものと悪いものがある

一般に販売されているチタン素材は、純度の高いものから純度の低いものチタン合金や、他の金属の表面にチタンめっき加工をしてあるものなど、さまざまです。

これらのチタン製ピアスは純度が高くても低くても一言に「ノンアレルギー素材」「アレルギーフリー素材」として呼ばれます。

そのため純度の低いチタンは、その一緒に混ぜ合わされている金属からのせいでアレルギー反応が出てしまいますし、チタンめっきの素材ではめっきがはがれた際に、地金部分からのアレルギー反応が心配されるのです。

金属全般で金属アレルギーの症状が出てしまう人もいる

体質的にどんな金属を着けても金属アレルギーを発症させてしまう方がいらっしゃるようです。

その方はいくら金属アレルギーになりにくい素材のピアスを着けていたとしても金属アレルギーを発症させてしまいます。

「いろんな金属を試しても金属アレルギーを発症させてしまう」という方はすべての金属にアレルギー反応を示してしまうものなのだと認識しておいた方がいいかもしれません。

いかがでしたでしょうか。

チタンピアスなのに金属アレルギーを発症させてしまうのは、そのピアス全体がチタンで作られていたり、質の良いチタンで作られているとは限らないからなんですね。

しかしそのピアスがすべてチタンで作られているのか、また質の良いチタンで作られているかなんて見分けがつきませんよね。

そのためピアスをご購入する際は、金属アレルギーになりにくい素材として有名なサージカルステンレスのピアスを選んでみてもいいかもしれません。

Surgicureが愛される理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Surgicure ショップリンク

Surgicure ショップリンク
PAGE TOP