PVDコーティングとは?金属アレルギーでも天然石ピアスがつけられる!

天然石を使用したアクセサリーはとても綺麗で華やかですよね。

たとえば天然石を用いたピアスなら、耳元を優しく上品に彩ってくれます。

1つ1つ模様が異なるのも天然石の魅力で、大人の女性にぴったりです。

「ピアスをつけたいけれど、金属アレルギー反応が怖くて付けられない」

とお悩みの方はいらっしゃいませんか?

チタンや純金を使用したものなら安心して付けられるけれど高価だし、樹脂ピアスはお手入れが大変だし、素材選びにもかなり迷ってしまいますよね。

そこで今回は、肌に優しい金属加工方法であるPVDコーティングをご紹介します。

PVDコーティングって何?

PVDとは、物理蒸着法を意味します。

物理蒸着とは、「水を沸かすと、容器の内部に水滴が付着する」という原理のことを指します。

この原理を応用して、窒化チタンや窒化アルミニウムを用いて金属表面の耐久力を強化し、保護するのがPVDコーティングです。

PVDコーティングにより、耐摩耗性、耐凝着性、離型性など、金属のさまざまな性能を高めることができます。

その中でもアクセサリーにもっとも重要なのは、耐食性という、サビにくく溶けにくいという性質です。

さらに、サビによる変色を防いで美しさを保ちます。

メッキと異なり、ただ塗っているだけではなく、表面に接着されているのではがれることが少ないのもPVDコーティングの特徴となっています。

そのため、ピアスを長持ちさせたいという方にもおすすめできる加工です。

なぜ金属アレルギーに効果的なの?

そもそも金属アレルギーとは、汗などを原因としてアクセサリーに含まれる金属イオンが溶けだし、これが体内のタンパク質と結びついてアレルゲンとなることで起こるアレルギー反応です。

よって、金属アレルギー反応を引き起こさないためには、金属イオンが溶けだしにくいアクセサリーを身につけることが重要です。

PVDコーティングをピアスに使用すれば、先述した「耐食性」を高めてくれるので、金属が溶けにくくなってアレルギーも発症させにくくしてくれるのですね。

医療機器に使用されていることからも、その安全性は明らかです。

まとめ

以上、金属アレルギーの方に特におすすめのPVDコーティングをご紹介しました。

「メッキがすぐ剥げてしまう」

「メッキによって肌が痒くなったり荒れたりしてしまう」

もう、こんな風に悩む必要はございません。

PVDコーティングがされたピアスを使って、金属アレルギーの有無に関わらず、おしゃれを自由に楽しみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Surgicure ショップリンク

Surgicure ショップリンク
PAGE TOP