ファーストピアスなら金属アレルギーになりにくいサージカルステンレスがオススメ!

「ピアッサーでピアスを開ける予定だけど、ファーストピアスは何を選べばいいんだろう」 とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

ピアッサーの付属品としてファーストピアスが付いてきますが、ファーストピアスにも様々な種類のものがあります。

私がファーストピアスとしてオススメするのが「サージカルステンレスのファーストピアス」です。

どうしてサージカルステンレスがファーストピアスとしてオススメなのかお話していきます。

そもそもファーストピアスって?

ファーストピアスとは、ピアスホールを安定させるために数か月間着けたままにするピアスのことです。

このファーストピアスは基本的に付け替えることはありません。

ファーストピアスのチョイスミスで起こりやすいトラブル

自分に合わない素材のファーストピアスを着けていると、金属アレルギーになる可能性が高くなります。

金属アレルギーは、金属がイオン化して体内に入り込むことで起こってしまうものです。

そのため耳に穴を開けて傷口が塞がっていない状態のピアスホールでは金属アレルギーになる可能性が高まってしまいます。

金属アレルギーになると特定の金属を着ける度に、耳に痛みを感じたり皮膚がただれてしまったりします。

そのためファーストピアスの素材選びはしっかり行う必要があるのです。

サージカルステンレスは金属アレルギーになりにくい素材

数ある金属素材の中でもサージカルステンレスは金属アレルギーになりにくい素材です。

先ほど金属アレルギーは、金属がイオン化して体内に入ることがきっかけとなって発症するとご紹介しましたが、このサージカルステンレスはイオン化しにくい金属となっています。

そのためサージカルステンレスは金属アレルギーになりにくい素材として広く使われており、値段もリーズナブルなのでファーストピアスの素材としてピッタリで広く使用されています。

チタンもファーストピアスに良いんじゃないの?

もちろんチタンも金属アレルギーになりにくい素材として有名で、ファーストピアスに最適な素材となっています。

しかしチタン製のファーストピアスを選ぶ際は、それがすべて純チタンで作られているかどうかの確認が必要です。

チタンは価格が比較的高価なため、一部分がチタンでそれ以外の部分が合金で作られているという場合があります。

それに比べてサージカルステンレスは比較的安価で、オールサージカルステンレスの商品も多いです。

いかがでしたでしょうか。

ピアスホールを開ける際はサージカルステンレスのピアスを選ぶようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Surgicure ショップリンク

Surgicure ショップリンク
PAGE TOP