金属アレルギーの方必見!ピアスはチタンかサージステンレスどっちがいいか比べてみた~チタン編~

アクセサリーを身に着けるうえでやっかいな障壁となるのが「金属アレルギー」ですよね。

金属アレルギーになりにくい金属として有名なものに「チタン」と「サージカルステンレス」がありますが、どっちがどのくらい良いかなんて比較しないとわからないものです。

そこで今回は「チタン」と「サージカルステンレス」ではどこの部分が互いに優れているのかといった比較をしていきたいと思います。

それではまず「チタン」がどういった金属なのか詳しく見ていきましょう。

どうしてチタンは金属アレルギーを起こしにくいの?

金属アレルギーは汗や水によって金属がイオン化して体内に入り込むことで金属アレルギーを起こしてしまいます。

チタンはイオン化して溶け出しにくいので、金属アレルギーになりにくいのです。

そのため体に触れやすいメガネのフレームにも多く使われています。

チタンピアスの中には金属アレルギーを起こしてしまうものもある?

「チタンのピアスを買ったはずなのに耳がかゆくなった」という人も中にはいるそうです。

「チタンが金属アレルギーになりにくいなんて嘘じゃないか!」と思われるかもしれませんが、そうではありません。

チタンのピアスを着けて金属アレルギーを起こしたというほとんどの場合、チタンで作られてた部分はピアスのポスト部分だけで、キャッチやチャーム部分は銅や亜鉛が混ぜ合わさってできたような合金で作られているといったことが多いのです。

キャッチやチャームもすべてがチタンで作られているものは少ない?

ピアスのすべての部分をチタンで作ったら金属アレルギーなんて発症することなく済みますよね。

ですが市場に出回っているチタンピアスで全てのパーツがチタンで作られていることは少ないです。

なせならチタンは加工が難しく、さらに素材の中では比較的に高価な為、オールチタンで製造することが難しいのです。

そのため「金属アレルギーになりにくいチタンのピアスを着けていたのに耳がかゆくなった」という声がよく見られます。

チタンそのものは金属アレルギーになりにくい良い素材なのですが、アクセサリーの素材としてはこれからの感じがしますね。

チタンピアスについてご紹介してきましたがご理解いただけたでしょうか。

チタン自体は金属アレルギーを起こしにくい素材なのですが、比較的高価で加工がしづらいためオールチタンで作られたピアスは少ないという現状です。

さて次回は比較対象であるサージカルステンレスについてご紹介していきます。 お楽しみに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Surgicure ショップリンク

Surgicure ショップリンク
PAGE TOP